雪害対策

大雪に備えましょう

この時季は、積雪や路面凍結による事故や、歩行中の転倒など、思わぬ怪我をされる危険性があります。雪による被害を最小限に抑えるために、日頃から次のことを心がけましょう。

吹雪

日頃からの備え

降雪時や降雪後は、車で外出することが困難になりますので、慌てて買い物に行く必要のないように、日頃から食料・飲料水・燃料・生活必需品の備蓄を心がけましょう。

非常用持ち出し袋災害保存食

基本は外出を控える

雪が降ったら、「不要な外出」は控えましょう。

屋根に積もった雪

 

情報収集

気象情報や交通情報をこまめにチェックするようにしてください。

天気予報

雪道を歩くときのポイント

ポケットに手を入れたまま歩くと大変危険です。怪我を防ぐために、手袋と滑りにくい靴は必須。小さい歩幅でゆっくり歩きましょう。いつもより、時間に余裕をもって行動しましょう。

転ぶ人

雪道を運転するときのポイント

自転車、バイクの利用は、控えましょう。
スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどの対策は必須。急ブレーキ、急発進、急ハンドルはスリップの原因になります。ゆっくりと、一定の速度で走行しましょう。
交差点や坂道、橋は特に滑りやすくなります。十分、気を付けましょう。

  • チェーンを装着する人

除雪に関するお願い

除雪作業効率の低下を招くうえ、車に傷をつける恐れがあるため、路上駐車は控えてください。

民有地内の除雪は、原則的に土地所有者又は管理者の方にお願いします。交通の支障となるため、敷地内の雪を車道や歩道へ出すことはご遠慮ください。 また、高齢者など自身による除雪が困難な世帯や、細い道路、歩道の除雪につきましても、自治会をはじめとした地域の皆さまのご協力をお願いします。

カーポート、ビニールハウスは、早めの除雪などの対策が必要です。
屋根から落ちてくる雪や作業中のケガには十分注意しましょう。

yukikaki

雪害については、こちらをご覧ください

雪害では、どのような災害が起こるのか(首相官邸ホームページ)