妊婦へのコロナワクチン接種について

更新日:2021年08月27日

妊婦及びそのパートナーに関するコロナワクチン接種について

現在、12歳以上の市民へのコロナワクチン接種を行っていますが、国からのワクチン供給が十分でないことから、予約が取りにくい状況となっております。

妊婦の感染リスクが高まっていることから、本庄市へ妊娠届申請をしている人とそのパートナーを対象に、ワクチン接種を実施します。

 

健診先の医師に接種の相談をお願いします

新型コロナワクチン接種の予診票には、「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか。」という質問がありますので、「はい」にチェックし、あらかじめ健診先の医師に接種の相談をしておきましょう。健診医より接種してよいと言われていれば、その旨を接種会場の問診医に伝えてください。

対象者へ8月27日に往復はがきを発送

対象

出産予定日が10月1日以降の妊婦 及び そのパートナー

※本庄市へ妊娠届を提出している方が対象です

※住民票が他市町村にあり、本庄市で里帰り出産を予定している方は本庄市保健センター(0495-24-2003)へお問い合わせください。

 

日程等

発送される往復はがきをご確認ください

 

★妊娠中の方で、往復はがきが届かない方は、9月2日(木曜日)までに本庄市保健センターへご連絡ください。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健部健康推進課(保健センター内)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールでのお問い合わせはこちら