新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

更新日:2021年09月10日

事業の概要

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、社会福祉協議会が実施する総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

支給対象世帯

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

  • 総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/11月までに借り終わる世帯
  • 総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
  • 総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯

上記の世帯に該当した上で、以下のすべてを満たしている場合

収入要件
世帯人数 収入基準額

1人

115,000円(78,000円+37,000円)を超えないこと

2人

159,000円(115,000円+44,000円)を超えないこと

3人

188,000円(140,000円+48,000円)を超えないこと
資産要件
世帯人数 金融資産

1人

468,000円を超えないこと

2人

690,000円を超えないこと

3人

840,000円を超えないこと

今後の生活の自立に向けて、下記のいずれかの活動を行うこと

  • 公共職業安定所に求職の申込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。
  • 就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと。

支給額等

月額の支給額
単身世帯 6万円
2人世帯 8万円
3人以上世帯 10万円

 

支給期間:3か月間

申請期間:令和3年7月1日から11月30日

申請時に必要な書類

  1. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書
  2. 住民票の写し
  3. 再貸付終了等の確認書類(再貸付の借用書及び再貸付の振込がわかる金融機関の通帳等の写し)
  4. 収入関係書類
    支給申請者及び支給申請者と同一の世帯に属する者のうち、収入がある者についての申請日の属する月の収入が確認できる書類の写し
  5. 金融資産関係書類
    支給申請者及び支給申請者と同一の世帯に属する者の、申請日の金融機関の通帳等の写し
  6. 求職活動等要件確認書類
    公共職業安定所から交付を受けた、求職受付票(ハローワークカード)の写し
  7. 振込口座関係書類
    金融機関の通帳等の写し(金融機関名、支店名、口座名義、口座番号がわかる部分)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部生活自立支援課生活支援係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1720
ファックス:0495-23-1963
メールでのお問い合わせはこちら