【2月9日更新】緊急事態宣言期間延長を受けて皆さんへのお知らせ(市長メッセージ動画あり)

更新日:2021年02月10日

 新型コロナウイルス感染拡大に関連して政府が発令した3月7日までの緊急事態宣言の期間延長及び埼玉県が実施する緊急事態措置等を受け、本庄市新型コロナウイルス対策本部会議では、今後の市の対応について、以下のとおりとりまとめましたのでお知らせします。

映像提供:本庄ケーブルテレビ株式会社

市施設及び市主催イベント等の対応方針

 昨年6月にお知らせした市施設、市主催イベント再開の対応方針を遵守しつつ、緊急事態宣言の延長期間中も以下のとおり対応します。

  • 市施設の利用時間を、午後8時までとします(利用終了時間が午後8時以前の施設については、時間通りです)。施設利用予約についても、午後8時以降の予約は受け付けません。
  • 個々のイベント等の開催状況については、随時ホームページでお知らせします。不明な点は担当課にお問い合わせください。

市施設、市主催イベント等の状況について

  • 市立小中学校の対応については、教育委員会及び各学校から保護者、児童生徒にお知らせします。

皆さんに心がけていただきたいこと

  不要不急の外出、県境をまたぐ移動の自粛、特に午後8時以降の不要不急の外出の自粛をお願いします。

※医療機関への通院、食料・生活必需品の買い出し、必要とされる通勤・通学、屋外での運動や散歩など生活や健康のために必要な場合を除きます。

 また、これまでと同様に、感染予防のため、密閉、密接、密着のいわゆる3つの密を避け、『感染リスクが高まる「5つの場面」』に引き続き注意してください。
 どこでも感染リスクはあります。感染しても多くの場合は重い症状が出ない30代以下の若い方の感染が増えています。自分だけの問題であると考えず、両親や家庭、友人など、世代を超えて、大切な命を守るため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた心がけをお願いします。

感染リスクが高まる「5つの場面」

【場面1】 飲酒を伴う懇親会等

  • 飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
  • 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
  • また、回し飲みや箸などの共用は感染のリスクを高める。

【場面2】 大人数や長時間におよぶ飲食

  • 長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
  • 大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

【場面3】 マスクなしでの会話

  • マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
  • マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
  • 車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

【場面4】 狭い空間での共同生活

  • 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
  • 寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。

【場面5】 居場所の切り替わり

  • 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
  • 休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。
感染リスクが高まる「5つの場面」

新(あたら)しいコロナウイルスの病気(びょうき)になりやすい「5(いつ)つのとき」(やさしいにほんご)

  1. お酒(さけ)を 飲(の)みながら 話(はなし)をしたり, ご飯(はん)を 食(た)べたり するとき

    お酒(さけ)を 飲(の)むと, 病気(びょうき)に ならないように 気(き)を付(つ)けることが できなくなったり, 大(おお)きな声(こえ)で 話(はな)したり しやすいです。

    狭(せま)くて, 外(そと)の 空(くう)気(き)が 入(はい)らない 場所(ばしょ)に, 長(なが)い時間(じかん) いたり, たくさんの 人(ひと)と 一緒(いっしょ)に いたりすると, 病気(びょうき)に なりやすいです。

    また, 他(ほか)の人(ひと)と 同(おな)じグラスで 飲(の)み物(もの)を 飲(の)んだり, 他(ほか)の人(ひと)と 同(おな)じ 箸(はし)を 使(つか)ったりする ことでも, 病気(びょうき)に なりやすいです。

  2. たくさんの人(ひと)が 集(あつ)まったり, 長(なが)い時間(じかん)に なったりして, 飲(の)んだり 食(た)べたりするとき

    他(ほか)の人(ひと)と 食事(しょくじ)をするときは, 次(つぎ)のことに 気(き)を付(つ)けてください。

    • 少(すく)ない 人数(にんずう)で 食事(しょくじ)をしてください。
    • 短(みじか)い 時間(じかん)で 食事(しょくじ)をしてください。
    • 多(おお)い 人数(にんずう)で 飲(の)んだり 食(た)べたり すると, 話(はな)すときに 大(おお)きな声(こえ)に なったり, つばが 飛(と)んだり することで, 病気(びょうき)に なりやすいです。
    • お酒(さけ)を 飲(の)むとき, 行(い)く お店(みせ)は 1(いち)日(にち)に 1(ひと)つだけに してください。
  3. マスクを 付(つ)けないで 話(はなし)をするとき

    マスクを 付(つ)けないで, 他(ほか)の人(ひと)と 近(ちか)くで 話(はなし)をしたり, 歌(うた)ったりすると, つばが 飛(と)ぶことで 病気(びょうき)に なりやすいです。

    他(ほか)の人(ひと)と 一緒(いっしょ)に 車(くるま)や バスに 乗(の)るときも マスクを 付(つ)けてください。

  4. 狭(せま)いところで, 他(ほか)の人(ひと)と 一緒(いっしょ)に 住(す)んでいるとき

    狭(せま)いところで, 長(なが)い時間(じかん) 一緒(いっしょ)に いると, 病気(びょうき)に なりやすいです。

    寮(りょう)<=同(おな)じ 学校(がっこう)に 行(い)っている人(ひと)や, 同(おな)じ 会社(かいしゃ)で 仕事(しごと)をしている 人(ひと)が, 一緒(いっしょ)に 住(す)むところ>の 部屋(へや)や トイレなど, みんなで 使(つか)うところに いるときは, 病気(びょうき)に なりやすいので 気(き)を付(つ)けてください。

  5. あるところから 他(ほか)のところに 行(い)ったとき

    仕事(しごと)の 間(あいだ)の 休憩(きゅうけい)<=少(すこ)しの間(あいだ) 休(やす)んで 心(こころ)や 体(からだ)の 疲(つか)れをとること>の 時間(じかん)に なったときに, 仕事(しごと)を している ところから 他(ほか)のところに 行(い)くと, 病気(びょうき)に なりやすいです。

    休(きゅう)憩室(けいしつ)<=少(すこ)しの間(あいだ) 休(やす)んで 心(こころ)や 体(からだ)の 疲(つか)れをとる ところ>,喫煙所(きつえんじょ)<=たばこを 吸(す)うところ>, 更衣室(こういしつ)<=服(ふく)を 着替(きが)えるところ>などに 行(い)くときは, 気(き)を付(つ)けてください。

この記事に関するお問い合わせ先

本庄市新型コロナウイルス対策本部事務局(保健部健康推進課内)
〒367-0031
埼玉県本庄市北堀1422-1(保健センター内)
電話:0495-24-2003
ファックス:0495-24-2005
メールでのお問い合わせはこちら