令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

更新日:2022年01月14日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、その影響を受けている子育て世帯を支援する観点から、高校3年生までの児童がいる世帯へ児童1人当たり10万円の給付金を現金で支給します。

 

本庄市では、2回に分けて給付金を支給します。2回目の支給は、2月に行うPayPayを活用した「本庄にエールを!キャンペーン」にあわせて、1月31日に支給します。

支給対象者

次のすべてに当てはまる方が対象です。

  • 平成15年4月2日~令和4年3月31日生まれの子どもを養育している方
  • 令和2年の所得が児童手当の所得制限未満の方注1

(注1)現時点で特例給付(子ども1人当たり月額5,000円)を受けているなど、下の表の児童手当所得限度額を超えている方は対象外です。 

 

<参考>児童手当の所得制限限度額

税法上の

扶養人数

所得制限限度額

(万円)

収入額の目安

(万円)

0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960
4人 774 1002.1

※所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がいる場合の限度額は、上記の所得額に同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族1人につき6万円を加算します。

支給額

高校3年生までの児童1人につき10万円

※高校3年生までの児童とは、平成15年4月2日から令和4年3月31日までに出生した児童です。ただし、婚姻している児童は対象外です。

支給日・申請方法等について

支給日・支給方法

支給方法の区分

申請方法等

支給1回目

(5万円)

支給2回目

(5万円)

・令和3年9月分の児童手当受給者

・子の出生により、令和3年12月1日までに児童手当が認定された方

(公務員を除く)

申請不要

※12月17日付で1回目の振込通知を郵送しました。

※1月14日付で2回目の振込通知を郵送しました。

令和3年

12月24日

令和4年

1月31日

 

・高校生の児童のみを養育している方

・公務員の方

・過去の児童手当の口座データや、令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金の口座データがある場合

申請不要

※1月7日に振込通知を郵送しました。

令和4年

1月21日

令和4年

1月31日

・過去の児童手当等の口座データがない場合

・父または母の所得が確認できない場合、児童と別居している場合など

申請必要

※1月7日に申請案内を郵送しました。

令和4年

1月31日

以降順次

1回目と同じ

・子の出生により、新たに児童手当が認定された方(令和4年3月31日までに出生)

申請不要

※公務員の方は手続きが必要です。出生時に窓口でご案内します。

令和4年

1月31日

以降順次

1回目と同じ

・転入者、転出者

令和3年9月分の児童手当を受けている市町村から支給されます。給付金を受け取るまでは口座を解約しないでください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健部子育て支援課給付係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1130
ファックス:0495-25-1145
メールでのお問い合わせはこちら

市民生活部支所市民福祉課保険子育て係
〒367-0298
埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地
電話:0495-72-1333
ファックス:0495-72-1630
メールでのお問い合わせはこちら