令和4年本庄市長年頭のあいさつ

更新日:2022年01月01日

手話通訳協力:児玉郡市手話者通訳派遣事業

新年明けましておめでとうございます。本庄市長の吉田でございます。
市民の皆様には令和4年の新春を、ご健勝にてお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。日頃よりの市政へのご理解とご協力、誠にありがとうございます。

さて、昨年を振り返りますと、引き続き、新型コロナウイルス感染症と向き合った一年でありました。

感染拡大に伴う緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、われわれの日常生活は制限され、経済も大きな痛手を負いました。

本市においては、本庄市児玉郡医師会の協力のもと、希望される方の多くがワクチン接種を終えましたが、変異株や第6波に備え、感染症対策をしっかりと続ける必要があります。

昨年、コロナ禍の中で、1年越しの開催に至った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、本庄市にゆかりのある新井千鶴選手や小久保寛太選手の活躍も記憶に新しいところです。

また、世界最古の自転車といわれる「陸船車」でスタートし、市内をつないだ聖火リレーは、オンラインを含め、多くの市民の皆様に見守られながら盛大に行われました。

コロナ禍により、ホストタウンとしての役割は思うように果たせませんでしたが、トルコ共和国また同国の障害者スポーツ団体とは深い絆ができました。

これらの国民的な関心を集めた出来事に加え、本市においては、

・郷土の偉人、塙保己一の没後200周年を記念する様々な事業
・開館から半年間で来館者1万人を達成した「本庄早稲田の杜ミュージアム」の記念セレモニー
・銀座通りでの空き店舗のリノベーションの進展 など、

これまでの積み重ねの中から生まれた明るい話題もありました。

さて、本年は、本庄市全域にわたるまちづくりの基本方針である「本庄市都市計画マスタープラン」の見直し、長年の課題解決に向けて本格的に動き出す「本庄駅北口周辺整備基本計画」の策定など、本市の将来像を示すまちづくりの計画について、地域の皆様と共に考え、持続可能なまちづくりを進めてまいります。

また、アフターコロナを見据えて地域経済社会の活性化を図りながら、希薄となっている人と人のつながりを今一度取り戻し、共に支え合う地域コミュニティの再構築についても考えてまいります。

従来からの課題である少子高齢社会への対応、大規模災害への備えなどに加え、コロナ対策や世界的な気候変動への対応など、われわれは行動変容を余儀なくされています。

「世のため、後のため」、時代とともに変化することを恐れず、安全・安心で持続可能なまちづくり、そして市政の進展に専心努力してまいります。

本年も、どうぞ皆様の、より一層のお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

結びに、皆様のご健康とご多幸をご祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政部秘書課秘書係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1154
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら