新型コロナウイルス感染症に伴う国民健康保険傷病手当金の支給について

更新日:2022年12月21日

本庄市国民健康保険に加入し、給与等の支払いを受けている方が、新型コロナウイルス感染症に感染または発熱などの症状があり感染が疑われる場合に、勤務することができず、給与の全部または一部の支払いを受けることができなくなったとき、勤務を休みやすい環境を整えるため傷病手当金を支給します。

(注意)後遺症は対象外です。

支給対象者(下記の条件をすべて満たす方)

  • 本庄市国民健康保険に加入していること。
  • 勤務先から給与等の支払いを受けていること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染または発熱などの症状があり、その療養のために連続して3日間勤務することができず、4日目以降にも休んだ日があること。
  • 4日目以降の勤務することができなかった期間に、給与または給与の一部の支払いを受けることができないこと。

支給対象となる日数

療養のため勤務することができなかった期間のうち、勤務を予定していた日数。(最初の3日間は除く)

支給額の計算

直近の継続した3か月間の給与収入の合計額 ÷ 就労日数 × 3分の2 × 支給対象となる日数

適用期間

令和2年1月1日から令和5年3月31日までの間で療養のため勤務することができない期間。

(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6か月まで)

請求権の消滅時効について
療養のため勤務することができなかった日ごとに翌日から起算され、その消滅時効の期間は2年となります。

申請方法

以下の1~4の申請書に記入し、5,6を添えて保険課(市役所1階)窓口に提出または郵送。

臨時的な取扱として、令和4年8月9日以降の申請から、医療機関受診の有無にかかわらず、2の「事業主記入欄」に事業主の証明がある場合には、4の提出は不要となりました。

1.傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)(PDFファイル:50.8KB)

2.傷病手当金支給申請書(被保険者記入用) (PDF:58.3KB)

3.傷病手当金支給申請書(事業主記入用) (PDF:73.9KB)

4.傷病手当金支給申請書(医療機関記入用) (PDF:55.8KB)

5.被保険者本人の保険証の写し

6.給与明細書の写し

(注意) 医療機関を受診しなかった場合、4の申請書の提出は不要です。その場合、2の申請書に事業主の証明と、保健所から送付される「患者等届出事項通知書」及び「就業制限解除通知書」の写しが必要です。

(注意) 申請書をダウンロードできない方は郵送しますので、保険課国保係までお問い合わせください。

記入例

1.記入例:傷病手当金支給申請書(世帯主記入用)(PDFファイル:158.6KB)

2.記入例:傷病手当金支給申請書(被保険者記入用) (PDF:71KB)

3.記入例:傷病手当金支給申請書(事業主記入用)(PDFファイル:121.9KB)

4.記入例:傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)(PDFファイル:91.6KB)

郵送先

〒367-8501

本庄市本庄3-5-3

本庄市役所保険課国保係

電話:0495-25-1116

宛名は以下のPDFファイルを印刷しお使いいただくこともできます。

郵送用宛名 (PDF:11KB)

この記事に関するお問い合わせ先

保健部保険課国保係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1116
ファックス:0495-25-1190
メールでのお問い合わせはこちら