小型充電式電池の捨て方について(不燃ごみとしては出せません!)

更新日:2021年10月28日

小型充電式電池の捨て方にご注意ください。

小型充電式電池は身の回りの様々な電子機器に使用されており、大変便利なものです。

しかし、不適切な捨て方により、走行中のごみ収集車やごみ処理施設において火災事故が発生しています。こうした事故は、不燃ごみの収集日に発生しており、小型充電式電池に衝撃が加わった際の発火が原因と考えられています。収集作業員や周辺の方が危険にさらされることから、小型電子機器等を不燃ごみとして排出する際には、小型充電式電池を必ず取り外すよう、今一度確認をお願いします。

不燃ごみに混入したバッテリー

ごみ収集車(不燃ごみの収集日)に混入されていたバッテリーなど。

不燃ごみに混入した加熱式タバコ

ごみ収集車(不燃ごみの収集日)に混入されていた加熱式タバコ。

小型充電式電池とは

繰り返し充電して使用できる以下の電池のことです。

1.ニカド電池 2.ニッケル水素電池 3.リチウムイオン電池

充電式電池リサイクルマーク

小型充電式電池の判断は、上記のリサイクルマークが付いているかどうかで確認することができます。ただし、リサイクルマークの表示がなく、電池の種類を示す英文字のみ表示されている場合もあります。

 

小型充電式電池が使われている主な製品

小型充電式電池が含まれている主な製品一覧

上記以外のものであっても、充電して使用する製品を排出する際は、小型充電式電池が使われていないか確認をお願いします。

 

小型充電式電池の正しい捨て方

1.製品から小型充電式電池を取り外す。

・小型充電式電池の取り外しが困難な場合は、無理に取り外そうとはせずに販売店等に相談してください。

・モバイルバッテリーは機器本体の回収となりますので分解はしないでください。

 

2.プラス極・マイナス極の金属端子部にセロハンテープやビニールテープを貼り、絶縁処理する。

絶縁方法1     絶縁方法2

3.リサイクル協力店・協力自治体に持っていく。

充電式電池には、希少価値の高い再生可能資源が含まれているため、可能な限りリサイクルしましょう。

リサイクル協力店・協力自治体の検索はこちら

また、市の担当窓口でも回収しておりますので、職員にお声かけください。

・本庄市役所 4階環境推進課

・児玉総合支所 2階支所環境産業課

 

(注意)

小型充電式電池でも回収できないものもあります。その場合は、販売店等に相談してください。

回収できないものの例

・ハードケースに入っていないラミネートタイプのもの

・加熱式タバコに使用されているもの

 

ごみの捨て方に迷ったら

普段、何気なく使用している電子機器ですが、廃棄方法を誤ると重大な事故につながることもあります。

一度ダウンロードすれば、気軽にごみの分別方法等が確認できる「児玉郡市ごみ分別アプリ」を配信中ですので、ぜひご利用ください。

便利なごみ分別アプリ無料配信中!

この記事に関するお問い合わせ先

経済環境部環境推進課環境衛生係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1172
ファックス:0495-25-1248
メールでのお問い合わせはこちら