「さくらねこ無料不妊手術事業」への参加について

更新日:2021年04月26日

 

地域猫活動の支援について

   本庄市役所では、公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加し、住民やボランティアと協力しながら、飼い主のいない猫に不妊去勢手術をする取組を行っております。

   「さくらねこ無料不妊手術事業」とは、飼い主のいない猫に対しさくらねこTNR(Trap/捕獲し、 Nutral/不妊去勢手術 を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動です。

   飼い主のいない猫にエサを与えている人が、自らの責任において、近隣住民に十分配慮した飼い主のいない猫の取り扱い(時間を決めた給餌、トイレの設置・管理、周辺にしたフンの回収等)をすることが、無料不妊手術チケットをお配りする条件になります。

 

無料不妊手術チケットの申請方法と協力病院について

●チケットの有効期限・・・1ヵ月(月初めから月末まで)

●ご注意・・・チケットの有効期限内に捕獲手術市への報告が必要となります。

●申請の方法・・・実施予定月の前月25日までに必要頭数分を申請してください。

●申請先・・・本庄市役所4階環境推進課環境保全係

●協力病院・・・ほかぞのどうぶつ病院 (住所:熊谷市弥藤吾2176-1、電話:048-588-8004)

 

※公益財団法人どうぶつ基金が発行する行政枠手術チケットには限りがありますので、ご希望どおりに配分できない場合もあります。

※協力病院でのチケット使用時に、運転免許証などの掲示による本人確認が必要となります。なお、手術費用はチケット利用により無料となりますが、持続性抗生剤注射等の諸費用が発生する場合があります。協力病院に事前にご確認ください。

公益財団法人どうぶつ基金について

 公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、思いやりのある地域社会の推進に寄与することを目的とし各種事業を行う団体です。

 さくらねこ不妊手術事業は猫や犬とヒトが幸せに優しく共生できる社会を目指す公益財団法人どうぶつ基金と本庄市の協働事業です。

この記事に関するお問い合わせ先

経済環境部環境推進課環境保全係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1173
ファックス:0495-25-1248
メールでのお問い合わせはこちら