家庭ごみの分け方・出し方

ごみ出しのルール

ルールを守られていないごみは収集することができません。正しく分別して、ごみの減量化と再資源化にご協力ください。

  1. お住まいの地域の決められた収集所に出してください。収集所は利用している地域のみなさんで管理しています。収集所の近隣の方の迷惑とならないよう、ルールを守り、清潔に使いましょう。
  2. 決められた日に、決められた品目を出してください。
  3. 収集日の朝、決められた時間(本庄地域は午前8時30分、児玉地域は午前8時)までに出してください。
  4. 可燃ごみ、不燃ごみは必ず児玉郡市共通認定袋に入れて出してください。(認定袋は、スーパーやコンビニ等で販売しています。)

ごみの分別について

  • 認定袋に入らないものは、粗大ごみです。
  • 消火器、ガスボンベ、自動車やバイク等のタイヤ、バッテリー、コンクリートブロック、薬品は収集しません。販売店や処理業者に依頼して処分してください。

可燃ごみ、不燃ごみ、有害ごみ

可燃ごみ、不燃ごみ、有害ごみの主な品目(例)、出し方の一覧
分別 主な品目(例) 出し方
可燃ごみ(燃えるごみ)

生ごみ、紙オムツ(汚物はトイレに流す)、プラスチック製品、紙くず(再利用できないもの)、木くず(枝木、雑草等)、衣類(再利用できないもの)、ゴム製品、革製品、ビニール製品、使い捨てライター(ガスを全部抜く)、発泡スチロール、保冷剤、使い捨てカイロ、乾燥剤

 

生ごみ衣服

落ち葉ガスが抜き切ったライター

  • 児玉郡市共通認定袋(緑色の文字のもの)に入れて出してください。     可燃ごみの袋
  • 生ごみの約8割は水分といわれています。しぼったり、一定時間放置したりして、よく水切りをすることで、ごみが軽くなり、嫌な臭いも軽減できます。
  • 枝木や雑草等は、土をよく落とし、乾燥させてから認定袋に入れて出してください。
    • 木の長さ…認定袋に収まる長さに切る
    • 木の太さ…直径25センチメートル以上のものは割り木をする
    なお、認定袋に入れることが難しい場合は、粗大ごみとして処分してください。
不燃ごみ(燃えないごみ)

金属製品(鍋、フライパン等)、ガラス類(資源ごみ以外)、食器類、陶磁器、鏡、電球(水銀を含まないもの)、刃物類

カミソリ割れたグラス類割れた茶碗と湯呑

  • 児玉郡市共通認定袋(青色の文字のもの)に入れて出してください。     不燃ごみの袋
  • 刃物類は、刃先が出ないように紙等で包んで出してください。
有害ごみ

電池、水銀を使用しているもの(蛍光管、電球、体温計、血圧計等)

乾電池蛍光管

  • 有害ごみ用の認定袋はありません。購入時の箱や袋などに入れて出してください。
  • 蛍光管や体温計などは、割れないように購入時の箱や、紙などに包んでから袋に入れて出してください。

 

資源ごみ(ペットボトル、缶類、びん類)

  • 資源ごみの収集所は、可燃ごみ等の収集所と異なる地域もあります。自治会等に確認してください。
  • 収集所に置いてある回収容器に分別して入れてください。

 

資源ごみ(ペットボトル、缶類、びん類)の主な品目(例)、出し方、注意点の一覧
分け方 主な品目(例) 出し方 注意点
ペットボトル

PETボトルの識別表示マークのマークのあるもの

飲料、酒類、しょう油等

 

ペットボトルのマーク空のペットボトル

キャップは外してください。

ラベルははがして「可燃ごみ」へ。

  • 軽く洗ってから、出してください。
  • 汚れのひどいペットボトルは、「可燃ごみ」へ。
  • 収集所まで資源ごみを入れてきた袋は、必ず持ち帰ってください。
缶類(飲料用)

アルミ・スチールの材質表示マークのの付いたボトル缶、飲料用缶

アルミ缶のマーク  スチール缶のマーク

ボトル缶のキャップは缶から外して「その他の缶」へ。
  • 軽く洗ってから、出してください。
  • 汚れのひどい缶・びんは、「不燃ごみ」へ。
  • さびた缶や、割れたびんは、「不燃ごみ」へ。
  • 収集所まで資源ごみを入れてきた袋は、必ず持ち帰ってください。
缶類(その他)

「飲料用缶」以外の缶

  • 缶づめの缶
  • 菓子缶
  • スプレー缶
  • ボトル缶のキャップ 等

 穴の開いたスプレー缶空の缶詰

スプレー缶は使い切ってから、火気がない風通しのよい屋外で穴を
開けて出してください。

スプレー缶の穴を開ける

びん類(生きびん)

ビールびん
一升びん
焼酎のびん

ビール瓶一升びん

キャップは外して
  • プラスチック製のキャップは「可燃ごみ」へ。
  • アルミ・スチール製のキャップは「その他の缶」へ。
  • 軽く洗ってから、出してください。
  • 汚れのひどい缶・びんは、「不燃ごみ」へ。
  • さびた缶や、割れたびんは、「不燃ごみ」へ。
  • 収集所まで資源ごみを入れてきた袋は、必ず持ち帰ってください。
びん類(その他) 「生きびん」以外のびん
  • ドレッシングのびん
  • ジャムのびん
  • ドリンク剤のびん 等

空のジャムびん 

キャップは外して
  • プラスチック製のキャップは「可燃ごみ」へ。
  • アルミ・スチール製のキャップは「その他の缶」へ。
資源ごみの回収容器(写真)
分け方 ペットボトル 缶 類 びん類
飲料缶 その他の缶 生きびん その他のびん
回収容器 ペットボトル回収容器の写真 飲料缶回収容器の写真 その他の缶の回収容器 生きビン回収容器の写真 その他のびんの回収容器

市役所等の公共施設でも回収を行っていますのでご利用ください。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

紙類、布類、金属類

PTAや子ども会などの集団資源回収にご協力ください。(回収品目は団体により異なります。)

年間予定表は、広報5月号及び「集団資源回収事業報奨金のご案内」ページに掲載しています。

 

紙類、布類、金属類の主な品目(例)、出し方、回収できないもの(例)の一覧
分け方 主な品目(例) 出し方 回収できないもの(例)
紙類

新聞紙(広告含む)、雑誌類、ダンボール、牛乳パック、雑がみ(紙袋、紙箱、包装紙等)

まとめられた段ボール牛乳パックまとまった新聞紙

品目ごとにひも等でしばる。
牛乳パックは、軽く洗って開く。
感熱紙、油紙、カーボン紙、写真、圧着はがき等
布類

 衣類          不要な衣類

洗濯し、汚れないよう袋に入れる。 タオル、シーツ、毛布等
金属類

飲料用缶(アルミ製・スチール製)

空のアルミ缶空のスチール缶

中を軽く洗って、袋に入れる。 飲料用缶以外の金属製品

※雑がみの分別方法については「雑がみのリサイクルのご案内」のページをご覧ください。 

 

紙類、布類、金属類の回収についての一覧
地域 回収場所 回収日 回収時間 回収品目
本庄地域
 
本庄南公民館 駐車場 毎月 第2土曜日 午前9時から11時まで 紙類、布類、金属類
本庄市役所 駐車場 毎月 第3日曜日 午前9時から11時まで
午後1時から3時まで
紙類、金属類
児玉地域 アスピアこだま 駐車場 毎月 第1日曜日 午前9時から11時まで 紙類、金属類

毎月、広報ほんじょうのECOガイドに回収予定日を掲載しています。

※天候等の理由で変更になる場合もあります。

粗大ごみ

 認定袋に入らないごみは、収集所に出せません。以下の方法で処分してください。

 

粗大ごみの主な品目(例)

イス類

イスとソファー

テーブル

テーブル

枝木

剪定枝

ベッド

ベッド

布団類

布団

たんす

たんす

自転車

自転車

 

粗大ごみの処分方法
自分で、ごみ処理施設(小山川クリーンセンター)へ持ち込む。
ごみ処理施設への持ち込みのご案内 (PDF:160.5KB)
自宅まで収集に伺う「リクエスト収集」を依頼する。
リクエスト収集のご案内 (PDF:122.9KB)
本庄市一般廃棄物(ごみ)収集運搬許可業者へ依頼する。

本庄市一般廃棄物(ごみ)収集運搬許可業者のページをご覧ください。

リンク先に業者一覧表(PDFファイル)がございます。

 

特定家庭用機器(テレビ・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機・冷蔵庫・冷凍庫)

家電リサイクル法によりリサイクルが義務付けられています。

詳しい処分方法は、「特定家庭用機器(家電リサイクル法対象品目)の処分について」のページをご覧ください。

 

 

使用済小型電子機器(小型家電)

デジタルカメラやゲーム機器などの小型家電には、金や銀などの貴金属、またレアメタルといわれる希少金属などが含まれています。貴重な資源を再利用するために、分別回収にご協力ください。

詳しくは、「使用済小型電子機器(小型家電)のリサイクル」のページをご覧ください。

 

 

パソコン

資源有効利用促進法によりリサイクルが義務付けられていますので、以下の方法により処分してください。

パソコンのイラストの画像

パソコンの処分方法
宅配便回収を利用して処分する。

協力事業者である「リネットジャパン株式会社」による宅配便回収を行っています。

インターネット(パソコンまたはスマートフォン)の申込みで、ご希望した日時に宅配業者がご自宅へ回収に伺います。

回収品目にパソコンを含む場合、1箱分の回収料金が無料になります。個人情報などのデータ消去サービスもあります。

 

お申込みや詳しいサービス内容などについては下記の公式ホームページをご確認ください。

リネットジャパン株式会社(外部リンク)

 

廃棄するパソコンメーカーに依頼して処分する。

各メーカーのホームページより申し込んでください。

なお、「PCリサイクルマーク」が付いたパソコンは、新たな料金負担なしでメーカーが回収します。

PCリサイクルマーク

自作のパソコンや廃業などで連絡先のわからないメーカーのパソコンは、パソコン3R協会が回収しますので、そちらにお問い合わせください。

一般社団法人 パソコン3R推進協会(外部リンク)  電話 03-5282-7685

 

使用済小型電子機器(小型家電)として処分する。

環境推進課(市役所4階)・支所環境産業課(アスピアこだま内)に、回収ボックス(投入口15cm×30cm)が設置してありますので、開庁時間内にお持ちください。

(注意)投入口に入らないパソコン(主にデスクトップ型)は回収できません。宅配便回収またはメーカー回収をご利用ください。

 

 

ごみの収集日

 ごみの収集は、地域ごとで収集日および場所が決められています。

収集日一覧表(PDF:91.9KB)

パンフレット

「家庭ごみの分け方・出し方」パンフレットは、市役所市民ホール入口、各公民館、環境推進課、児玉総合支所環境産業課などで配布しています。また、下記からダウンロードできます。
注意:ファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。

「家庭ごみの分け方・出し方」パンフレット(PDF:732.8KB)

外国語版の「家庭ごみの分け方・出し方」も配布しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

お問い合わせ先
経済環境部環境推進課環境衛生係
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1172
ファックス:0495-25-1248
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。