ホストタウン応援コラム

更新日:2020年11月26日

おうちでトルコ料理

世界三大料理として知られる「トルコ料理」。市の学校給食ではトルコ料理の提供や、トルコ料理教室の開催、市役所前では日本でもお馴染みの「ケバブ」のキッチンカーが登場するなど、「食」を通じてトルコをPRしてきました。

「広報ほんじょう」では、大使館監修で、市の特産品のナスやキュウリを使ったレシピを紹介。家庭でも楽しめる「トルコ料理」を食べて、トルコのパラリンピアンを一緒に応援しよう!

カルヌヤルク(なすの肉詰め)

トルコ料理では、「なす」を使った料理の種類がとても豊富です。野菜といえばトルコ料理ではなすが特別な存在です。パーティでトルコ人に「あなたはなすをどんな風に料理しますか?」と質問すると、この質問に答えようとするには何時間もかかるというユニークな話しもあるようです。

カヌルヤルク

ジャジュック(冷製スープ)

きゅうりを使ったスープのようなサラダのようなちょっと変わったトルコ料理「ジャジュック」。トルコでは、ジャジュックを朝食に食べることが多いようです。ヨーグルトの酸味ときゅうりの食感がマッチするこの料理は、果たしてスープなのかサラダなのか?皆さんも作ってみませんか。

ジャジュック

ミュジヴェル(ズッキーニのおやき)

ズッキーニとチーズがたっぷり入った「ミュジヴェル」は、日本のおやきに近いトルコの家庭料理で、大使館スタッフからもおすすめの声が上がった人気の料理です。

ミュジベル

ケシュキュル(プリン)

ふるふるとしたゆるい食感と優しい甘さが特徴のプリン。プリンの底にはカラメルではなく、チョコレートソースをいれます。日本ではプリンは蒸して固めるのが一般的ですが、片栗粉を使用しカスタードクリームのようなふるふる食感にしていくのがトルコ風プリンです。

ケシュキュル

メルジメッキ・チョルハ゛ス(レンズ豆のスープ)

「レンズ豆のスープ(メルジメッキ・チョルハ゛ス)」は、豆からいい出汁が出て、日本のお味噌汁のような存在として、トルコの方にとても親しまれている郷土料理です。

メルジメッキ・チョルバス

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政部オリンピック・パラリンピック支援室
〒367-8501
埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号
電話:0495-25-1615
ファックス:0495-21-8499
メールでのお問い合わせはこちら